よくあるご質問

肌が敏感なので肌荒れが心配なのですが・・・

アルコールタイプや次亜塩素酸などとは違い、バイオデオドラントウォーターは化学物質を一切使用しておりませんので肌荒れの心配はございません。肌が弱い方、アトピーの方にも安心してご利用いただけます。

常在菌ってなんですか?私の肌にも菌がついているのですか?

人は体の中だけではなく口のなかや皮膚などで微生物と共生をしています。
生まれる前の母親の胎内では無菌状態ですが、母親の産道を通ることで、そして生まれた後は外気や周囲の人間から菌が付着するのです。そしてこれらの細菌が住み着くようになります。口のなかには約700種類が1,000億個以上、皮膚にはブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)など200種類以上が約100万個、腸内細菌は乳酸菌、大腸菌をはじめ約400種類が100兆個以上存在すると言われており、これらの常在菌が人と共に共生しているのです。
この「常在菌の存在」そして「常在菌のバランス」こそが非常に重要で、人の皮膚においても常在菌をバランスよく整えることで皮膚表面をバリアする働きを促し、外敵や紫外線から私たちを守ってくれているのです。

バイオデオドラントウォーターに含まれる偏性好気性微生物群ってなんですか?

多くの生物は酸素を取り入れ化学反応を起こしてエネルギーを得ています。このことを好気性と呼びます。一方で酸素を好まない生物もいます(嫌気性と呼ばれます)。好気性微生物は有機物を分解してくれますが嫌気性微生物は有機物を腐敗させてしまいます(これが悪臭の元になります)。
人の皮膚表面には好気性・嫌気性それぞれの常在菌が存在していますが、酸素を好む好気性微生物は比較的皮膚表面に棲息しているため石鹸や洗浄剤を使いすぎたり過度な摩擦によって流され易い性質があります。これが常在菌のバランスが崩れた状態です。
このように、常在菌のバランスが崩れた状態を補ってくれるのがバイオデオドラントウォーターに含まれる偏性好気性微生物群です。

なぜ除菌や消臭効果があるんですか?

肌表面の常在菌は肌全体を雑菌などから守ってくれるバリアの働きをしてくれています。そしてバランスの良い常在菌の働きにより臭いの元となる一部の菌(悪玉菌)の増殖を防いでくれます。悪臭が発生するのは嫌気性微生物などの悪玉菌が過剰に増殖し有機物を腐らせているためで、そこにバイオデオドラントウォーターを噴霧することで善玉菌が表面をコートし常在菌のバランスを整えてくれます。